2020年7月12日 (日)

あるがままの試合

人間ができていないので
「サッカーがある生活の喜び」
とか
「努力してくれている方たちへの感謝」
なんかより
負けた悔しさしか湧いてこない今日この頃、

サポーターが声を出せない試合で選手から
あれほど声が出ないとは!と
ビックリガッカリではありましたが、

真ん前の人は2列前、
前列の人は2席分外側、
両隣との間は3席空き
という観戦環境は、
普段でもしばしば経験しているので
特に違和感もなく
むしろ快適ですらありました。

もちろん声を出せない葛藤は
大変なものがありましたが、

そんな中で自分の言葉を直接表出できる
ツールであるゲーフラでは、

» 続きを読む

| コメント (0)

2020年2月23日 (日)

火を噴く開幕戦

開幕戦恒例のアレな失点とか
進化(?)を求めるあまりに
ベースを疎かにしたプレーなど
お灸になったのならいいけれど、
相手の対策や連戦疲れがあったにせよ
昨季2位と今季優勝候補との連戦を前に
いきなり正念場を迎えた今日この頃、

もしもVARがいなかったらという
格好のネタにもなったかと思えば、

一部のサポから
選手紹介には合わないと言われていた

BGMのイメージに逆に合わせるように
導入された火炎放射演出が
マリノス君の大旗に引火するのではと
ハラハラさせられましたが、

試合終盤、
昨季CFとして共に1試合当たり7割近い
決定力を見せた2人が次々に投入され、
エリキ出場直後の分身の術ように
ともすれば前線が混乱しそうな中、
自身の役割を巧みに全うしたアドは、
ゴールこそ決められなかったものの
やはり

» 続きを読む

| コメント (0)

2020年2月19日 (水)

この港から世界へ

チャンピオンズリーグ統一演出らしい
キックオフカウントダウンも
テルのルーチンを急がせることは
できなかった今日この頃、

昨年リーグ終了後マリサポをザワつかせた
最多反則ポイントについて
「実はキックオフ遅延が多いんでね?」
と疑っていたので調べてみたら
僅か1ポイント(0は4チーム)で
ちょっと残念な気がしましたが、

今日の主役は何と言っても
攻守にわたり素晴らしい活躍で
(↑語彙がアレですがw)
アジアデビュー戦を飾った

» 続きを読む

| コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

2冠獲得

チャンピオンズリーグ開幕を目前に、
16年前のスーパーカップの頃も
中国で感染症が広まっていた
(でもACLは開催していた)なと
思い出される今日この頃、

高校サッカーのスター選手軍団の
日本高校サッカー選抜と
ネクストジェネレーションマッチで
対戦するマリノスユースの応援に、
そして
2連覇中の王者グランパス君と
あざとさを隠さないヴィヴィ君に
マスコット総選挙で挑んだ結果が
発表されるマリノスケの激励に、
玉スタまで行ってきました。

ユースは圧勝、スケは初優勝と
幸先よい結果で、
シーズンをスタートできました。

普段とは逆の北サイドスタンドは
最終節に大宮と対戦した時以来
14年ぶりでしたが、
直射日光が痛いくらいに暖かく
薄手の肌着にユニ1枚でも
熱く感じる陽気でした。

そういえば、
試合後の余興で

» 続きを読む

| コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

みんなで跳ねよう

この優勝は
移籍などで今はいない選手たちも含め
全員で掴み取ったものだという思いから、
往き帰りと試合前後は

Img_5561

(おおっぴらに出しちゃっていいのかな?)

Img_5560_20191207234601

バモいTシャツ屋さんのトリフェスTを
着ていた今日この頃、

選手・スタッフ全員を
マカオの豪華ホテルに招待という
メルコリゾーツマンオブザマッチは
もし負けていたらどうするつもりだったのか
気になるところではありますが、

ボスがカジノ屋さんから受賞する絵面は
なかなかのものがありました。

そして何より、
遂にマリノスにも

» 続きを読む

| コメント (0)

2019年11月23日 (土)

バカにしないでよ

今秋初のニットマフラーでの遠征で

Img_5495

四つ目の星の輪郭が見えてきた今日この頃、

ゴールを決めたテルをはじめとして、
自陣に深く引いて全員で守ろうとする
緑のユニの中を自由自在に駆け回り
ゴールに迫るトリコロールの胸には

Gf191123

真っ赤なポルシェならぬ
NISSANの文字があったわけですが、

兎にも角にも

» 続きを読む

| コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

成熟途上

負傷欠場していたエースの復帰により
前節ゴールを決めながら
ベンチに回ったU22代表が、
相手GKと1対1になりながら
雑なパスを選び絶好機を潰したのは
色々な意味で残念だった今日この頃、

早々に完売したその選手のコラボ弁当に
エンドウ豆が入っていたのかどうか
知りませんが、

未熟さを露呈した今日のプレーぶりでは
まだまだグリーンピース
と言われても仕方ないと思います。

まあ、兎にも角にも、

» 続きを読む

| コメント (0)

2019年10月19日 (土)

全員戦力

湘南による山のような悪質ファールの割に
黄札は1枚だけだった試合で
唯一のカードをマツケンが貰ったのは

 

ece氏のせいだと思った今日この頃、

交代枠を全て負傷による交代で使う
という総力戦だったわけですが、

そんな中でものを言う選手層の厚さは、
逆に言えば控え選手を含め

» 続きを読む

| コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

磐田の丸、横浜のマル

試合終了直後、
ガス逆転負けの報に沸き立つ中、
6年前を思い出し
気を引き締め直した今日この頃、

過酷な試合環境を鑑みれば
プレーの質は問いにくい中
今日も無失点の立役者となった
チアゴ・マルチンスでしたが、

豊田がガスに同点ゴールを決めた日に
豊田で桜のジャージが難敵を破り
ボーナス点まで獲得した
ということでもあるので、

ジュビロの英雄に敬意を表して

» 続きを読む

| コメント (0)

2019年9月29日 (日)

想い出は帰らず

「取りこぼしは許されない」
という声の趣旨は解るとしても、
今節の各試合結果を見るまでもなく
「取りこぼし」などという不遜な態度で
勝ち抜けるリーグではないことを
忘れてはならないと思う今日この頃、

「試合前に民衆の歌を歌うと
 気持ちよくなっちゃって試合で…」
と過去を認めつつ、


果敢に挑んだことは
前向きに捉えたいところですが、

直前までリクト復帰の情報戦が展開される中、
前節に続いて出場したマツケンが
復帰戦となった高野のアシストから
ゴールを決めたのは、

» 続きを読む

| コメント (0)

«ハッキリ決めた