2016年12月29日 (木)

難攻不落

大阪を北上して最終決戦に向かうために
天皇杯獲得を阻む外堀を

Gf161229jpg

埋めようとしたら

こっちが埋められてしまった今日この頃、

多くの方が記されているように
(誰が悪いということではなく)
マリノスが身を切りながら進んで行く過程で
(御用納めでなければ)明日から
様々な変化の動きが考えられるわけですが、

変化に向き合っていくのもなかなかしんどい
時もあるでしょうから、

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

冬の陣へ

後半39分、
攻勢に出るガンバの勢いを
一旦は緩ませたのか、
守り切ろうとするマリノスの集中を
ジワジワと切らせたのか、
試合前に続く2度目の
「お?じえしょくしぇんしゅ」砲の評価が
定まらない今日この頃、

万一敗退するようなことになれば、
国内で一二を争う秀でた審判員に対し
ルールを無視した謂れなき誹謗中傷が
少なからぬマリサポから多数浴びせられ、
マリサポとして恥ずかしい思いをする
ところだったので、
ホッとしたという気持ちもあるわけですが、

全ての選手たちが持てるものを出してくれた
ホームスタジアムでの最終戦に相応しい
誇るべき試合でした。

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

ディープインパクト

普段見ている各種「サッカー」競技の一つが
昨日でシーズンを終えた今日この頃、

今年はこの競技で
(昨年までも見ていたはずだけれど)
ある選手のプレーに衝撃を受けたわけですが、

私のごく限られた観戦経験での常識というか
競技の前提をひっくり返されるような気がした
その選手について今のうちに吐き出しておこう
とツイートを連投しようとしたものの、

あまりに鬱陶く
TL汚しになるので以下にまとめました。

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

イブの約束

93分間もの焦らしプレイの結果

今日この頃、

相手が試合前守田野澤という歴代守護神の
チャントで盛り上がっていたのに対して、
試合中は前後半にわたって断続的に
哲也のコール&チャントが
スタジアムを席巻したわけですが、

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

越年闘争

本人から天皇杯への意欲が語られたこともあり、
元日の吹田では
新たな道への門出を後押しする意味も込めて
さあ行け!」と歌いたいと思う今日この頃、

タイトルでも何でもない年間勝点1位のために
満員のホームのサポーターを前にして
それも優勢だった試合で引き分けを狙う浦和に
呆れた気になった一方で、
独自の価値観に基づく独自の目標を設定し
社長からサポーターまでが共有する姿勢は
強くなるための条件ではあるなと
改めて感じたところでもありますが、

前々節から前節、そして今節と
一部を手直ししながら掲げ続けてきた旗印は

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

掲げ続ける

先週の焼き直しというか
一部貼り直して使いまわしたゲーフラを

Gf161029

浦和に持ち越すかどうか
悩ましい今日この頃、

試合前には
一旦張ったバンデを運営に外させられる
という一件もありましたが、

事程左様に厳しいアウェイの規制を掻い潜り
バクスタ3階席前面のビジター寄りの端には

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

仕事の流儀

セレモニーでのあいさつで社長が
「日産自動車時代は」と言い出したので
今さらクラブ史のおさらいかと思ったら
自分の経歴(主に社長歴)の話だったので
ずっこけてしまった今日この頃、

「練習場が水没してビックリ」の件は
本人としては笑ってほしかったのでしょうが、

赴任先の分野や地域の習慣や特性の違いに
面食らったという話は
ビジネスパートナー間や邦人会では
相手を立てる定番ネタだとしても
サポーターとしては笑える話じゃないのでね。

試合はまあ、いつものとおり。

良い要素もあるだけに、
「ここ」というところで踏ん張れないのは
プロチームとして何とかしてほしいところ。

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

最高の場所へ

客観的には
今日試合ができるのはたった4チームだという
ことを誇るべきだと思うと一方、
グループリーグを勝ち抜いたチームが
(勝ち抜きという意味では)ACL組に
一つも勝てなかったという結果は
タイトルの価値を考える上でも由々しき事態と
言わざるを得ない今日この頃、

日産スタジアムでは準決勝敗退、そして
タイのブリーラムのサーキットでは
ニスモのクラッシュ
今季初の日産勢不在の表彰台に立ち会った
(でもニスモはシリーズ首位キープ)
小学5年生にとって
散々な一日だったわけですが、

直前のリーグ戦から11人全員入れ替えて臨んだ
春先のグループリーグ初戦の先発メンバーから
今日は6人が先発という現状は
怪我人や代表招集の結果とはいえ誇るべき
エリクの成果だと思いつつ、
だからこそ
1週間後に復帰するであろう選手たちに
さらにバトンを引き継げなかったことは、
そして先制した途端ズルズルと引いて
無抵抗のまま失点を喫したビビりぶりは
残念でなりません。

もっとも、同様のシーンは何度も見てきたので
これも必然だったのかもしれませんが。

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

嵐と翔

1万少々という来場者の少なさもあるものの
春の大混乱に比べ吹田スタジアムは
はるかに快適だった今日この頃、

台風と東名集中工事という過酷な条件としては
バスの遅れもなかった上に
嵐は試合中に過ぎ去ってしまい
完璧に近い遠征だったわけですが、

◯ちゃんとか家内とか桂馬ンとか
惜しいシーンもあった中で
ワントップで先発したエースストライカーが
決定機を作れなかったのは、

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

知る人ぞ知る

試合中から
テグが腹壊してトイレに入りっぱなしで
マナブの活躍を見逃していればいいのに
と思いつつ
前田やケイマンの活躍はよく見て後悔しろ
などと心の狭いことを考えていた今日この頃、

試合前に立ち寄った勝沼のワイナリーの店員が
甲府の試合があることも知らなかった上に
あろうことかチーム名も一瞬考えていた
(でも私が着ていたハマトラTシャツの胸の
 “YOKOHAMA”の文字からマリノスはすぐに
 わかった)というのは
いかがなものかと思いますが、

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

«だから2冠は獲ろう