« Pop with You! | トップページ | 天皇杯のない8月 »

2014年8月20日 (水)

ガッターガッターガッター

後半開始から投入された17番にとって
期限付き移籍でお世話になった対戦相手に
とんだ

Gf140820

となってしまった今日この頃、

負けたんだから、
それもノックアウト式の大会で
下部リーグのチームに負けたんだから、
感情が爆発するのは当然だし、
鬱憤晴らしもありましょう。
目の前の、応援している大好きな選手たちに
その責めを負わせる気になれないというのも
自然な気持ちでしょう。
フロントの不手際や優柔不断に見える監督に
募る思いもあるでしょう。

でも、
試合終盤に気の抜けたような緩慢な対応で
同点となる失点を喫し、
延長終了間際に味方選手の負傷治療の隙を
突かれて決勝点を与えたのは、
ピッチ内の選手の意識の問題でしかないのでは
と思えてなりません。

その意味で、「それでもプロか」という怒声は
相手に関係なく的を射ていることであり、
そうした自律的なチームを作れていない
という意味においてこそ、
監督やフロントは責められるべきものなのでは
ないでしょうか。

選手たちが懸命にプレーしているということに
いささかの疑問を持つものではありませんが、
だからといって「選手たちがかわいそうだ」
というのは筋違いな話だと思います
(感情の発露として否定はしませんが)。

超耕21ガッター


« Pop with You! | トップページ | 天皇杯のない8月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガッターガッターガッター:

« Pop with You! | トップページ | 天皇杯のない8月 »