« 新戦術 | トップページ | 「サポーターズシート」とは »

2018年2月25日 (日)

ピッチの奥のゴールまで

プレシーズンマッチや練習試合を観たかどうか
あるいは新戦術の解説等にふれていたか否かで
試合結果の受け止め方に差があったとしても、

サイドバックとして代表にまで登り詰めた
プロの解説者が
目の前のサイドバックのプレーの意味を
全く理解できなかったくらいなので、
無理もないと思った今日この頃、

勝てた試合だったと惜しむ向きもありますし、
昨季の2冠相手に3点くらい取って勝ったら
日本サッカーに衝撃を与えていただろうと
思いつつも、
いやいや降格候補らしく、ここは謙虚に

うわー、何とか引き分けたけど、
あんなに裏取られまくり決定機与えまくりじゃ
残留もおぼつかないわ。うわーー

くらいでいこうと思いますが、

日本での公式戦デビューを飾った韓国代表は

Gf180225

上々の滑り出しだったと思います。


« 新戦術 | トップページ | 「サポーターズシート」とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13430/72992389

この記事へのトラックバック一覧です: ピッチの奥のゴールまで:

« 新戦術 | トップページ | 「サポーターズシート」とは »