« 笑顔を探して | トップページ | 「世界の松原」を超えて »

2018年3月18日 (日)

浦和で笑う(回文)

途中からでも投入されたら恐かったマルを
最後まで出場させないよう圧力をかけた
マキノには足を向けて寝られない今日この頃、

アジア王者なのに
ACLではなくルヴァン杯に出ている謙虚さは
浦和の美徳なのかどうか知りませんが、

試合内容に結果が伴わなかった中、
何はともあれ

Gf180318

勝ってよかったです。

追伸
テレビのサッカー番組では相変わらず
浦和が終始攻めるも決めきれない中
一瞬の隙を突かれて敗戦
といったことにされているようですが、
ここは我々も謙虚に受け止めましょう。
何しろ試合前は降格圏に沈んでいた
名実ともに降格候補なんですから。


« 笑顔を探して | トップページ | 「世界の松原」を超えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13430/73132169

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和で笑う(回文):

« 笑顔を探して | トップページ | 「世界の松原」を超えて »