« 堪忍袋の大きさ | トップページ | 台風前夜 »

2018年9月22日 (土)

磐田戦の真実

90分(特に後半)を通じた出来を帳消しにする
山中の一撃で
降格圏と勝点差3、得失点差2、つまり
所謂1ゲーム差に引きずり込まれ、

Gf100404
(2010.4.14@ヤマハ)

な今日この頃、

前半の決めるべき時に決めて

Gf100501
(2010.5.1@日産)

といえる試合展開ならなお良かった
という気もしないではありませんが、

今季
圧勝後の惨敗というのを何度も見てきたので、
ギリギリの辛勝で良かったことにします。

それにしても、ドゥレ退場の事態を受け、
CB3枚という夏の補強は
本当に大英断だったと思わずにいられません。

p.s.言うまでもありませんが、
今日の遠征はお休みでした。


« 堪忍袋の大きさ | トップページ | 台風前夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13430/74254819

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田戦の真実:

« 堪忍袋の大きさ | トップページ | 台風前夜 »