« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月28日 (日)

三兎目の意義

前回のナビスコ優勝の時には(残留争いで
それどころでなかったというのもあるにせよ)
感じなかったけれど、
今回の決勝進出で、この大会の意義について
認識を改めた今日この頃、

これまでは、単にリーグカップに過ぎず、
リーグ戦はもちろん
個人的にはクラブのアイデンティティとして
思い入れのある天皇杯とも比べるまでもなく、
代表抜きの二軍戦のような扱いをされながら
スポンサードし続けてくれるありがたい大会
とか、
(ゆとりACLシードで若干変わったけれど)
フォーマット的にも各クラブの本気度からも
最も獲りやすいタイトルで20冠への早道
とか、
そのくせリーグ戦の2位を凌ぐ優勝賞金で
コスパ最高
とか、
大失敗に終わった官製コレオに象徴される
演出先行のお仕着せイベント
などというのが私の認識でしたが、

協会ではなくリーグ主催ゆえの、
そして一発勝負であるがゆえの
大規模で集中的なプロモーション展開、
連日のメディア露出、華やかなイベント、
試合会場の演出といった
実体からは少々過剰とも思える部分は、
クラブにとっては成長のために活かすべき
販路拡大の機会であるとともに、
それらに誠実に対応した上で平静を保ち
ピッチ上で実力を発揮できることは
プロ選手として不可欠な能力であって、

その意味で、現在のルヴァンカップは
クラブにとっても選手にとっても
得難い機会を手に入れるチャンスだと
認識を新たにしたところ。

もちろん(ACLら出られない中では)
1次リーグでのターンオーバー的な起用による
戦力の底上げやチームの一体感の醸成等は
これまでにも実感していますすが、
それも勝ち抜かなければ得られないわけで、

続きを読む "三兎目の意義"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

消えた1億円

表彰式が荒れないように
キッズイレブンにメダルを授与させるのは
人間の盾で卑怯だと思った今日この頃、

今にして思えば、昨日のエルゴラの
表紙から9頁に渡る決勝特集記事に続く
センター見開きカラーで

Img_3770

トリコロールの敗退が報じられていたのが
縁起でもなかったわけですが、

大会MVPに残留争いのコメントをさせる
カビラ(兄)の鬼畜ぶりには痺れました。

ともあれ、
レギュラーだったCFの復帰戦で

Gf181027

と解っていたとはとはいえ、
ここでK太不在の大きさを思い知らされるとは
予想外ではありました。

そして、(近所とはいえ)
わざわざ来てくれたバブ&タクミも、

ゴール裏に来て煽ってくれた重鎮マリノス君も
ゴメン。

チャントで散々煽っておいて、最後は
勝ち名乗りを上げられなかった上に
「ゴーーーーーーーーーーーーーーーール」と
叫ばせてあげられなかったみっくんも、
ホントにごめん。

それにしても、湘南サポがゴール裏に

続きを読む "消えた1億円"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

ありのままの姿

マリノスがやろうとしていることが不完全
というか有り体に言えば課題だらけなのは
宮本でなくても見れば判るので、
そこを狙い目とつけ込まれれば
一見ミスだらけの自滅に見えるのも
現状では仕方がないかなとも思う今日この頃、

例えば動きながら足下にパスを通す、
ワンタッチで相手の裏を取る、
そういう(選手にもよるけど)
今まで出来なかったり気付いていなかったり
気付いていても妥協していたところを
妥協せずにやろうとしても、
技術が未熟だったり体力が足りなかったり
判断が追いつかなかったりしてミスになる、
そんなことを繰り返し劣勢になりながらも、
逃げずに挑み続けた(ように見えた)ことは
評価したいなどとと甘いこと考えてますが、

相手も対策というかビビっていた面はあって、
ハーフスペースで山中にボールが渡ると
とにかく左足のコースを消そうと躍起で、
そこをもう少し逆手に取れなかったかなと
いう気もしない一方、

最近の彼の活躍をテレビで見ていた
関西のマリサポは
(もしかしたらガンバファンの一部も)、
直に見るその姿に心躍ったに違いない。

続きを読む "ありのままの姿"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

新たな約束

代表組の不在や連戦疲れがあるとはいえ
鹿島が手も足も出ないという
前半途中からの試合展開に衝撃が広がって
今後の対戦相手に警戒されるのもアレなので、
「やっぱりまだまだだな」と中和してくれた
後半の緩みはありがたかった今日この頃、

とはいえ、
失点前から前線でフリーズを繰り返していた
左サイドを含めもう一巻き締め直して
吹田、埼スタと向かわなければなりませんが、

それよりも今日の三ツ沢、
ブーススペースはあって幟も出ていたのに
出店していなかった鉄板のお店は
事故か何かだったのか気になります。

いずれにせよ、
元日の約束を果たせなかったことに
変わりはないけれど、

続きを読む "新たな約束"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

狩人のように

球筋の読めない山中のFK、夜露が降りた芝、
GKンガハタと三拍子揃えば当然とばかりに、
こぼれ球に狙いを定めてねじ込んだウーゴを
獲物の匂いを嗅ぎ分け仕留める狩人に例える
ことに異論はなさそうな今日この頃、

一方で、跳んだ壁の頭と頭の間を通し
GKンガハタを一歩も動かさなかったAJも、
高性能ライフルを操り標的を一撃で仕留める
スナイパーという意味で、
狩人に例えられそうな気もしますが、

狩人といって忘れてならないのは
加藤兄弟のハーモニー。

兄弟デュオの響き合う歌声を
今のマリノスで例えれば、
今春15年ぶりに新曲をリリースした
ダリル・ホール&ジョン・オーツの片方ならぬ

続きを読む "狩人のように"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

ビートに合わせて

今季における好敵手・札幌との対戦が
相手は3人出停でこちらは熟成が進みつつある
このタイミングで良かったと
心底思った今日この頃、

フライデーナイトということで

とか

とか

脳内再生していましたが、

やはりフライデーといえばこれ
ということで、

続きを読む "ビートに合わせて"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »