« ビートに合わせて | トップページ | 新たな約束 »

2018年10月10日 (水)

狩人のように

球筋の読めない山中のFK、夜露が降りた芝、
GKンガハタと三拍子揃えば当然とばかりに、
こぼれ球に狙いを定めてねじ込んだウーゴを
獲物の匂いを嗅ぎ分け仕留める狩人に例える
ことに異論はなさそうな今日この頃、

一方で、跳んだ壁の頭と頭の間を通し
GKンガハタを一歩も動かさなかったAJも、
高性能ライフルを操り標的を一撃で仕留める
スナイパーという意味で、
狩人に例えられそうな気もしますが、

狩人といって忘れてならないのは
加藤兄弟のハーモニー。

兄弟デュオの響き合う歌声を
今のマリノスで例えれば、
今春15年ぶりに新曲をリリースした
ダリル・ホール&ジョン・オーツの片方ならぬ

Gf181010

それぞれの持ち場で大変貌を遂げた
インサイドハーフコンビに違いない。


« ビートに合わせて | トップページ | 新たな約束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13430/74371187

この記事へのトラックバック一覧です: 狩人のように:

« ビートに合わせて | トップページ | 新たな約束 »