« 上書きされる称号 | トップページ | 寄らば大樹の陰 »

2019年4月14日 (日)

革命的連帯

場内に響く季節外れのセミの鳴き声が
必死になればなるほど空回りする様に
代々木公園の記憶が蘇った今日この頃、

ツイッター上に続々と投じられる
名古屋サポの参戦表明と
ペンライトやサイリウムの購入情報を
連日目にしていただけに,三色銀河で
楽しんでいただけたのは何よりですが、

民衆の歌まで歌われたのは、
やはりフランス革命時の
革命歌でもあったラ・マルセイエーズを
チャントにしている名古屋サポにとって
ミュージカルの劇中歌とはいえ
6月暴動の場面で歌われる民衆の歌は
親和性があるということなのでしょう。


« 上書きされる称号 | トップページ | 寄らば大樹の陰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上書きされる称号 | トップページ | 寄らば大樹の陰 »